HOME > EBRU教室

エブル教室

エブル (EBRU) とは?

エブルとは、中央アジアからトルコへと伝わった、マーブリングの技法です。トルコではオスマン帝国時代に大きく発展しました。その後、オスマン帝国を旅していたヨーロッパ人からヨーロッパに伝わり、マーブリングとして世界中に伝えられました。現在でもトルコでは、国民にとても愛されている芸術の一つです。

マーブリング:器の中に水溶液を入れ、その中にインクを落として模様を作り、模様を紙に写し取る芸術の一つです。


エブルのトリビア

○ エブルは中央アジアで始まったとされており、7世紀頃トルコに伝わったと言われています。実は同じ時期、中央アジアから中国を伝わって、日本にも同じ技法が伝わりました。それが『墨流し』です。

○ エブルはその技法の性質上、同じ絵は二度と出来ないと言われています。全ての絵は世界にたった一つの絵になります。