絵が苦手な方でも簡単に描くことができます。
世界に一つだけのマーブリング作品を作りませんか?

「エブル」とは、トルコの伝統芸術の一つで別名「マーブリング」としても知られています。水の上に落としたインクで植物などの様々な模様を描き、紙に写し取る絵画です。トルコではオスマン帝国時代から続く歴史のある芸術の一つです。

エブルはその技法の性質上、同じ絵は二度とできないと言われています。全ての絵は世界にたった一つの絵になります。
センターではエブル作品を展示していますので、ぜひご覧に足をお運びください。

このたび、日曜日クラスの開講が決定いたしました!
入会・体験レッスン生徒を募集いたします。この機会にぜひ、世界に一つだけのマーブリング作品を作ってみませんか?
絵が苦手な方でも簡単に描くことができますので、お気軽にお申し込みください。

エブル(Ebru)とは

中央アジアからトルコへと伝わった、マーブリングの技法です。トルコではオスマン帝国時代に大きく発展しました。その後、オスマン帝国を旅していたヨーロッパ人からヨーロッパに伝わり、マーブリングとして世界中に伝えられました。現在でもトルコでは、国民にとても愛されている芸術の一つです。

※マーブリング:器の中に水溶液を入れ、その中にインクを落として模様を作り、模様を紙に写し取る芸術の一つです。

エブルのトリビア

エブルは中央アジアで始まったとされており、7世紀頃トルコに伝わったと言われています。実は同じ時期、中央アジアから中国を通って、日本にも同じ技法が伝わりました。それが『墨流し』です。

INSTRUCTOR講師

吉田晴映(Harue Yoshida)

2010年に、アトリエサフランのMARIKO先生からエブルを紹介され、彼女のもとでエブルを学び始める。
2019年から、トルコ文化センターでレッスンを開始。

講師からのメッセージ

伝統的なエブルの技術のレッスンを心掛けていますが、自由な発想も大切にしています。
新しくエブルを始める生徒さんの感覚ははっとさせられることがあります。一緒に楽しみましょう!

CLASSES & LESSON FEEクラスとレッスン料

クラス

  • 第3日曜日
    午前クラス 11:00〜13:00   午後クラス 14:00〜16:00

レッスン料

  • 入会金
    5,000円
  • 月2回
    11,000円(材料費込み)
  • 月1回
    5,500円(材料費込み)
  • 体験
    2,750円

入会・体験レッスン 随時受付中 ♪

見学、入会はお申し込みフォームまたは、お電話・メールでも承っています。
お気軽にご連絡くださいませ。

大門駅より徒歩4
東京都港区芝大門1丁目3-17 玉家ビル4階
大門駅より徒歩4分
浜松町駅より徒歩8分

[営業時間]
平日 10:30-18:00(受付時間:10:30-17:30)
土日 10:00-18:00(受付時間:10:00-17:30)
祝日休み
電話からのお問い合わせ
[受付]祝日休み
平日 10:30-17:30/土日 10:00-17:30
メールからのお問い合わせ